避妊なしでセックスしてしまうシチュエーション~避妊なしのリスク

避妊は望まない妊娠を回避する為には欠かせません。

望んでもいないのに妊娠をしてしまうと、女性が中絶により自身の体や心に深い傷を負ってしまったり、産むと決意しても今までの生活に支障が出てしまうことがあるでしょう。

そのようなリスクがあるのに、避妊なしでセックスしてしまう人が多いのも事実です。

今回は女性がどのようなシチュエーションにおいて、避妊をせずにセックスしてしまうのかをまとめました。
避妊なしでセックスすることのリスクについても見ていきましょう。

女性が避妊なしでセックスしてしまったシチュエーション事例

避妊なしでセックスしてしまったシチュエーション

飲み会の席で口説かれてそのまま…

職場の飲み会で、私のことを以前から気になっていたと告白してきた男性に執拗に口説かれ、私もお酒が入っていたのでそのままホテルで結ばれてしまいました。

酔っていたため避妊のことをすっかり忘れていて、ナマでやってしまったんです。

翌日我に返ってすごく後悔しましたが、相手は翌日普通に話しかけてきたので、正直むかつきました。

後日『今晩あいてる?』と声をかけられましたが、丁重にお断りしました。(28歳/金融)

お酒が入ると防御が甘くなってしまう女性は多いようです。
お互いがお酒によって手元に避妊具がない状態だと、ナマでセックスしてしまう危険性が大いにあります。

どうせ結婚するんだろうなと思って

当時付き合って3年になる彼とは、毎回避妊なしでセックスしていました。

お互い愛し合っていたし、いずれ結婚するんだから先に子どもができても良いや、と思っていました。

その彼とは5年目で破局を迎えましたが、あの時妊娠しなくて本当に良かったです。

別れた原因は彼の浮気だったのですが、私が当時妊娠していたら今ごろシングルマザーになっていたか、子どものために好きでもないのに一緒にいたかもしれません。(31歳/医療)

付き合っている異性といずれ結婚するであろう状況で、妊娠してしまっても別に良いと思っている女性も多いのではないでしょうか。

しかし、男女の関係には何が起こるかわかりません。
特に未婚のカップルだと法律的な縛りもないので、どちらかが別れたいと思えば簡単に別れられるのです。

彼がコンドームを嫌がったから

彼がコンドームをすごく嫌がる人でした。

理由がナマじゃないと気持ち良くないしイケないから。

今思うとなんて身勝手な理由なんだろうと思いますが、あの当時は彼に嫌われたくないために避妊をせずにセックスしていたんです。(22歳/フリーター)

相手がコンドームを嫌がり、強く言えずにそのまま避妊なしでセックスしてしまうことも良く耳にします。
望まない妊娠をして一番困るのは女性の方です。

パートナーときちんと話し合ってどのように避妊をするのか決めておくことが大切です。

避妊なしでセックスしたことある女性は17%

国立社会保障・人口問題研究所のデータ(※1)によると、これまでに避妊なしで性交渉を持った経験がある女性は17%程度です。

しかし、別のデータでは約半数の女性が避妊なしの性交渉の経験があると回答しており、意外にも多くの女性が避妊なしセックスの経験を持っているのかもしれません。

なお、避妊なしでセックスしてしまう理由として、先にご紹介した事例以外で次のようなものがあげられます。

・できちゃった婚狙い
・そう簡単に妊娠しないと思っていた
・相手が年配なので精子が弱っていそう など

避妊をしないとこんなリスクが

セックス

避妊をしないでいると、望まない妊娠はもちろん、他のリスクも背負うことになるのです。

下記のパーセンテージは、1年間その避妊法を続けた場合に妊娠してしまう確率を表しています。

・避妊なし(中出し/膣内射精):85%
・膣外射精(外出し):4%~18%
・男性用コンドーム:2~15%
・オギノ式(排卵時期の近い安全日のみ性行為しない):1~25%
・殺精子剤:18~29%
・ペッサリー(女性の膣内に挿入して使う避妊具):6~26%
・低用量ピル(女性ホルモンを含む薬):0.3%
・IUD/IUS(子宮内に挿入する避妊リング):0.1~0.8%

このように避妊なしで性交渉を持ってしまうと、かなりの確率で1年以内に妊娠してしまうのです。

なお、専門家の中には膣外射精は避妊ではないと考えている方もいます。
現に膣外射精で予期せぬ妊娠をしてしまった女性がたくさんいるのです。

さらに、妊娠だけでなく性病の感染も懸念されます
日本では梅毒を始め、様々な性感染症が増えてきています。

女性が性感染症に感染してしまうと、将来子どもが産めない身体になることがあります。

望まない妊娠で中絶を余儀なくされた女性は、手術によって心身共に大きなダメージを受けるでしょう。
また、金銭的なダメージも予想できます。

避妊をしっかりやっていれば避けられたことが、浅はかな判断で回避できないケースがあるのです。

やってしまった!と思ったら事後緊急避妊

避妊に失敗

つい我を忘れてしまったり、強引に避妊なしでセックスされたなどで、後から後悔する女性は数多くいます。

泣き寝入りする前に、事後避妊(緊急避妊)という方法で妊娠が回避できることを知っておきましょう。

事後避妊では主にアフターピル(緊急避妊薬)という薬剤を服用します。
アフターピルは特定の病院やクリニックで処方できますので、しまったと思ったらすぐにアフターピルをもらいましょう。

なお、病院が休みで閉まっていたり、近くにない場合も想定すべきです。
そのような時でも困らないように、あらかじめ通販サイトでアフターピルを購入することも検討しましょう。


投稿日:2017年9月27日 更新日:

Copyright© 事後避妊|避妊に失敗しても大丈夫 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.