アフターピルを飲んだ後って生理はちゃんとくるの?生理が終わった直後に飲んでも大丈夫?

セックスが終わってからゴムが破れていることに気付いたり、つい避妊をしないままセックスしてしまったりと、望まない妊娠を防ぎたいときに役立つのがアフターピルです。

「アフターピルを飲めば妊娠することを避けられる」

という知識を持っている女性は多いかもしれませんが、服用後にどうなるか考えたことはありますか?もしアフターピルを飲むことがあれば、そういった情報に目を向けてみることも大切です。

アフターピルを飲んだ後は予定通りに生理がくるのか、服用後のことについて確認してみましょう。

アフターピルの服用後には消退出血がある。生理との違いは?

お腹を押さえる女性
事後避妊のためにアフターピルを飲むと、多くの場合3日ほど経ってから出血が起こります。これを消退出血(しょうたいしゅっけつ)と言います。しかしこれは生理ではなく、アフターピルを飲むことで起こるものです。

プロゲステロンという女性ホルモンの分泌量が多い間は出血が起こりません。その間に子宮内膜が厚くなり、妊娠の準備が整えられます。しかし排卵後に受精しなかった場合、プロゲステロンは除々に減り、必要なくなった子宮内膜は徐々に剥がれて体の外に出ていきます。これが一般的な生理です。

それぞれ出血が見られるので混同されがちですが、消退出血と生理には明確な違いがあります。それは排卵があるか、またはないかです。
アフターピルに含まれている成分はプロゲステロンと同じ働きをします。効果がなくなるにつれて生理と同じような状態になり、出血が起こるというわけです。

出血があれば避妊成功

消退出血・生理に関わらず、出血があれば避妊は成功したと言えます。妊娠するためには受精卵が子宮内膜まで到達し、その上で着床しなければいけません。しかし子宮内膜が剥がれてしまえば着床が不可能になるため、妊娠することはできなくなるのです。

アフターピルを飲んだあとに起こる出血は全て消退出血だと考えていいでしょう。個人差はありますが、普段の生理よりも出血量は少なく、日数も短めです。人によっては生理と同じくらい出血する可能性があります。
通常はアフターピルの服用後3日~10日ほどで消退出血が見られますが、遅ければ2週間以上経ってから出血するケースもあるため、3日後に出血しなくても心配ありません。

生理直後でも妊娠する可能性アリ。アフターピルは生理のすぐ後でも飲める!

ベッドからはみ出す男女の足
生理周期の中で最も妊娠しやすいのは、卵胞期から排卵期の間です。特に排卵期は妊娠する可能性がかなり高くなります。

「危険日って排卵日の前後じゃないの?生理が終わってすぐなら大丈夫じゃないの?」

と考える女性も居るでしょう。確かに生理初日の約2週間後に排卵が起こるため、生理が終わった後なら妊娠する確率は低いと考えるかもしれません。

しかし精子は卵子に比べると寿命が長く、5日以上も生殖能力を保つ可能性があります。つまり生理直後に避妊なしのセックスをした場合、たまたま受精してしまうということも考えられるのです。

アフターピルは生理が終わってからすぐに服用した場合でも、しっかりと事後避妊の効果が得られます。その際も消退出血があるため、避妊に成功したことを確認できるでしょう。

元々生理不順なら避妊は確実に

基礎体温表と体温計
安全日や危険日を推測して避妊することも悪くないのですが、生理周期が安定していたとしても、妊娠を望んでいないならしっかりと避妊を行うことが大切です。
また、生理不順(生理周期がバラバラ)であればより確実な避妊が必要です。生理不順だと排卵日が正確に予想できず、避妊に失敗した日がたまたま排卵日だったということも考えられます。

アフターピルは仮に受精してしまった場合でも、受精卵が子宮内膜に着床することを防げるため、事後避妊は可能です。しかし排卵がない場合に比べると多少は避妊の成功率が低下してしまうため、日頃からしっかりと避妊しておくことが最も重要だと言えます。

服用が早ければ避妊成功率も高まる!

確実な事後避妊を望む場合、セックス後72時間以内にアフターピルを飲まなければいけません。セックスした日が排卵日に近いほど妊娠する確率は高くなってしまいます。

もし受精してしまったとしても、着床さえしなければ妊娠することはありません。アフターピルを飲めば出血が起こるので、早く服用すればするほど避妊の成功率はアップします。
理想はセックス後12時間以内に服用することです。そのためには事前にアフターピルを購入しておく必要があります。通販(個人輸入代行)を利用してアフターピルを購入する場合、注文してから届くまでに2週間ほどかかってしまうものなので、セックスすることがあるなら予め購入しておくようにしましょう。

生理周期が乱れるのはアフターピルが効いた証拠

カレンダーと生理用品
アフターピルの服用後には消退出血があり、それによって避妊に成功したことを確認できます。その後はきちんと生理がくるものですが、アフターピルの服用後は生理周期が乱れることがあります

アフターピルに含まれる黄体ホルモンは、体内に取り入れることで体内のホルモンバランスが大きく変化させます。それによって排卵を抑制したり、着床を予防したりする効果が得られるのですが、変化したホルモンバランスが元通りになるには時間がかかるのです。

消退出血が起きた後の生理は予定より早くなる、または遅れることが予想されます。しかしこれは異常ではありません。アフターピルの効果によって起こるものなので、すぐに元通りになるので安心です。

投稿日:

Copyright© 事後避妊|避妊に失敗しても大丈夫 , 2018 All Rights Reserved.